サイトマップ お問い合せ
Home 学校案内 部活動紹介 年間行事 教育課程
gaku

sdsd学校や講座の選択に迷ったらインタビュー記事を

日本かっさ療法アカデミーの特徴 
 
特徴1:「受講すれば、必ず身につく」+研修制度

「かっさ療法」が中国の文献に登場する最古のものは『世医得効方(せいいっとこうほう)』(1337年)という医学書です。かっさ療法とは、中医基礎理論に基づき、経脈の流れと病変の特徴を考慮し、特製のかっさプレートと潤滑剤を使用し、体表上でかっさの様々な技法を使い、幅広い疾病の治療を行う外治法である。現在は内科、婦人科、泌尿器科、小児科、外科、皮膚科、整形外科、眼科等400種類以上の疾患に対して「かっさ療法」による効果的なアプローチ方法がある。特筆すべきことは、現代医学では完治が難しいとされる五十肩、坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、神経性頭痛、高血圧、喘息などに「かっさ療法」はかなり有効であるとされている。。そして、なによりも副作用の心配がないことは注目すべき点です。こんな評価の高い療法ですが、東京の渋谷にある日本かっさ療法アカデミーのかっさ資格講座もしくは1DEYセミナーに参加し受講すれば、必ず身につくことを約束できます。


卒業記念写真(2008年7月)


 
 
特徴2:「他のスクールではない瑪瑙プレートを使用していること」
   
 

『嘉祐補注神農本草』(かゆうほちゅうしんのうほんぞう、1060年、中国最古の薬物学書)の記載によれば、瑪瑙は、辛・寒・無毒の性質をもち、肝臓経絡に属して、清熱解毒 除障明目の効能があるとされてます。

薬効は、消化器系、歯の痛み、貧血、便秘、不妊治療などに効果が期待できるとされています。また、古代より大地のエネルギーを宿す石とされ、瑪瑙のエネルギーは病気を癒すだけではなく、精神にもよい作用を及ぼし、ストレスの緩和に効果があります。

本校のかっさセミナーで使われているかっさプレートは主にオリジナルのメノウプレートを使用しております。色も形も使いやすさも抜群であり、とくに瑪瑙のなめらかさは大変好評です。


さらに、カッサに使用されている漢方アロマ五行オイルは、中国伝統医学の相生関係、相克関係の五行学説に基づいて、 西洋のアロマを取り入れて作られたものであり、五臓六腑の機能改善に役立つ、当院オリジナルの安全なオイルです。





   
特徴3:「確かなカッサ技術はもちろん、卒業後も分からないことがでてきても、アポイントを取って解決してもらえること」


 


東京の渋谷にある日本かっさ療法アカデミーのかっさ資格の講座で伝えているかっさ技術は、今、ダイエット施術の現場でもかなり使われており、お客様から大変喜ばれています。一度、受けたことがあったら、必ず2回も3回もと、たいてい4回、5回前後は受けにいらっしゃいます。

技術力は、リピーターと症状の改善で十分説明できると思います。

また、卒業後も分からないことがあれば、いつでもご相談に乗ります。


 

 

 
講師紹介 
     

崔森

北京中医薬大学日本校医学気功専科卒業
中国国家資格保健カッサ師資格取得
薬膳講師
漢方アロマ講師
医学気功師
元European University Viadrina(ドイツ・ブランデンブルグ州立大学)の非常勤講師
元国立北京中医薬大学気功客員研究員

 
     
 
   

小林洋子 

柔道整復師

呉竹学園 東京医療専門学校卒業

小林整骨院院長

 
 
アクセス
 

附属広尾サロン(東京医学気功院併設) 日比谷線1番出口 徒歩5分


 こちらをご参考ください。 

 
 

 

Copyright(C) 2008 DDN All Rights Reserved